▷セリフの作り方1『空中から出現する!コインプロダクション』




マジックのセリフを構築するための3つのステップはこちらです。


①(抽象的な)テーマをひとつ決める
②テーマの範囲内で言葉を選ぶ
③反発が生まれて困る言葉は避ける




①(抽象的な)テーマをひとつ決める



数秒、数十秒で終わってしまうようなマジックの場合、
特に意識しなくてもいいのですが、

3分、5分といった長さになってくる場合は、
そのマジックの抽象的なテーマをひとつ定めておく必要があります。


テーマを決めておくと、
アイディアにブレがなくなるからです。


過去のブログ記事はこちら

セリフを作る前に、マジックのテーマをひとつ決めること。』




③反発が生まれて困る言葉は避ける



例えばコインを手にパームして(隠し持って)いる場合、
「手には何も持っていません」
と言うべきではありません。


言えば言うほど、
「本当に?」
「じゃあ両手をしっかり見せてよ」
と、お客さんの疑いを強化してしまうからです。


でも、
「手には何も持っていない(いなかった)」
ということは認識してもらう必要があるわけです。


「無(空)」を認識してもらえなければ、
「出現(有)」に対する感動が生まれないからです。


だから、言葉で直接
「手は空[から]です」
と言わずして、動作や目線、サトルティーによって、
「手は空だった」
と相手に暗示し、認識させたいのです。




でもあれですね、
女の子にはストレートな言葉で伝えないとダメね。。


マジックプロデューサー Matty (マティー)