「強い」「強がり」「弱さを受け止める」の違い


◆強い
◆強がり
◆弱さを受け止める


この3つはどれも異なる感覚です。


まず、
「強い」のと「強がっている」のを自分でも分からなくなってしまうことってあるでしょう。


「強い」のは本当に強さがありますが、
「強がっている」のは、
本当は“強くない”わけです。
“弱い”のです。


僕は「弱くてはいけない」
と言いたいわけじゃありません。


「弱さを偽ってはいけない」
と言いたいのです。


「弱さを受け止める」
とはそういうことです。




弱さを受け止めたら…



Cという目的地(目標)があったとします。


が、あなたは今Aという地点にいます。


「強い」とは、すでにCに到達している人のこと。


「強がっている」とは、
AやBの地点にいるのに“Cにいる”と思いたい人。


「弱さを受け止める」とは、
“今はAにいる”とか“今はB地点”と、
現在の自分としっかり向き合うということです。




iPhoneのGoogleマップって、とっても便利ですが、
もし「目的地」だけ表示されて「現在地」が分からなかったら、
その地図はなんの役にも立たないでしょう。


目的地と現在地、どちらも分かった人だけが、
目的地へとたどり着けます。


◆強い
◆強がり
◆弱さを受け止める

どれも異なるものです。


マジックプロデューサー Matty (マティー)


0コメント

  • 1000 / 1000