【受付終了】バレンタインデーは逆サプライズ!女の子をキュンとさせるマジックレッスン



先日友達のおごりで、
初めて猪の肉を食べました。
マジックプロデューサーのMattyです。



■■□━━━━━━━━━━━━━━□■■


  ネガティヴなことを
    言っていい、やっていい。


  【受付開始】
  バレンタインデー逆サプライズ!

女の子をキュンとさせるマジックレッスン


■■□━━━━━━━━━━━━━━□■■


クリスマスが終わってないのに、
バレンタインデーって
気が早すぎるかもしれないけど、、


恋のチャンスは年中無休ってことで、
バレンタインデー向けの
マジック教室のご案内です。

※詳しくは下の方で。



  * * *


僕たちって、
小さい頃お母さんとの間でできた


「ルール」

をずっと引きずって、
生きてしまうものなんだと思います。



「●●しないとお母さんに嫌われる」
「▲▲したらお母さんに
  迷惑をかけてしまう」



そのタネを持って、
友達と関わったり、
恋愛したり仕事したりする結果、

いつもおんなじようなストレスを抱えて、
似たようなトラブルを作って、
関係性をダメにしてしまう。


僕にはそういうことがありました。


そのひとつが、

「ネガティヴなことを
  言えない(表せない)」

ってことでした。


例えば、

「できない」と言えない。
「つらい」って言えない。
「こわい」って言えない。
「助けて」って言えない。
「嫌い」って言えない。
「悲しい」って言えない。


これは元々、
親に対してそうしたんだと思います。


親が忙しそうだったから、
親が家庭を守るのに大変そうだったから、
親に迷惑をかけたくなかったから。


その結果、
NHK教育テレビのお料理番組ばりに、
「ひとりでできるもん!」
って感じの子供になり、
大人になっていきます。


確かにいろいろ一人でできた。
優等生として。


でも、恋愛や仕事って、
一人じゃ絶対できないでしょ?



そういう時に関係をダメにしてきました。




最近「やだ!」ってことを
言えるようになった気がします。



先日態度の悪い受講者がいたので、
「そんな態度なら二度と来るな」
ってメッセージを送ってあげました♡

(僕が怒るって、相当感じ悪いやつだぜ)


僕はどうも、自分を押し殺していると
身体に不調が表れるようでして。。





もしあなたも、


お母さんの愛を獲得するために
やってきた「ルール」が、
今の人間関係を苦しめているのなら、

一度それを手放してみましょう。



「やっちゃ(言っちゃ)いけない」

と思っていたそれをやってみましょう。
絶対現実はよくなってくから。


「そんなことやっちゃいけない」


ってひとり怖がってただけだった
と気付けるから。



生徒さんも、僕の友達も、僕も、
そんなこと経験してます。



  バレンタインデーは逆サプライズ!  

女の子をキュンとさせるマジックレッスン



女の子はサプライズが好き、
プレゼントが好き、イケメンが好き、

きらきらアクセサリーが好き、
スイーツが好き、
なんだかんだお父さんが大好き、

だ。


僕はそんな女の子が好きだ。


バレンタインデー前でも、
バレンタインデー当日でも、

そんなかわいい女の子を
びっくりさせちゃうための
『マジック教室』です。


今回は、こんな贅沢な内容でやります。

◇女の子の願いを叶える☆
  星空輪ゴムマジック

◇息をかけるとすり抜ける
  2本の輪ゴムマジック

◇生徒さんのご要望に応じて
  マジックのアドバイス

◇マジックを進めながら
  カードの順番をセットする『カル』

◇ポコッと動いて上がってくる
  アンビシャスカード



詳しくは下記リンク先から。


12月20日(火)15時までのお振り込みの場合、
割引価格で受け付けますので、
お早めにチェックしてください!


今回は最大6名。
レッスン開始前の30分を
自由時間としますので、
僕を有効に使ってください!


詳しくはこちらから





あなたは薄々気付いているだろう。


僕が初めて女の子と付き合った時、

●ヶ月記念日、バレンタインデー、
ホワイトデー… って、

季節ごとにマジックと
メッセージを贈っていたこと。


『こんな俺を見つけてくれてありがとう』
って気持ちを。


恋をするほどにマジックが進化してった。


そして彼女を想って創ったマジックが、
関東大学奇術連盟で一番って評価された。


だからプロになろうと思った。


女の子へのサプライズマジックを
レッスンするってことは、


あの時の女の子への恩返しであり、
あの頃一生懸命生きた
自分への感謝になるような気がしてる。


このサプライズを、
それぞれの人生で
大切な人に披露してくれるあなたも、
大切な仲間だと思ってる。



欲を言えば、
あなたの人生にも
マジックが起こってほしい☆


僕はそのきっかけを
作れるって思ってるから、
他の予定を蹴ってでも来てね!



質問あればメッセージください。


今日はこの曲で。


マジックプロデューサー Matty (マティー)
Photo 鳥居真紀さん撮影