これから簡単に実現できること



(福島県会津)
実家に来てひまです。


どのくらいひまかというと、

『僕肥満、麻痺久保。』

っていう回文を
中学生の頃考えたのを
思い出しちゃったくらいひまです。


(昔から言葉遊びが好きだったんですね)


『君の名は。』っぽい景色


さて、

僕はマジックショーの中で、

「夢は何かありますか?」

とゲストに尋ねることがあります。


なぜって、
僕が手先で起こす、
道具を使ったマジックなんかよりも、

ゲストの方がその人の人生で起こす
奇跡の方が素敵だと思いませんかぁ

ふふっふぅ〜

(井上陽水的な)




先日のクリスマスパーリーで、
ある(社会人と思しき)女の子が

「一人暮らしをしたいです」

とおっしゃいました。


僕はジーニーじゃないですけど、
どうせならより大きな夢を抱いた方が
いいんじゃないですか?と思って、

「(一人暮らしは)割と簡単に
  実現しそうですけど、
  それで良いですか?」

とも尋ねました。


「はい、難しいことがいろいろあって…」


どんな事情があるのか
僕には分かりませんでしたが、
きっと何か大変なこと
(大変に思えること)があって、

「難しい」

と感じているのだと思います。


というのも、

僕は大学生の時から
一人暮らしをしていましたから
(もう9年とか経つんですね)

「一人暮らし」って
簡単に実現できるじゃん
と思ってしまったのです。




と考えていた時…

「それは僕の夢も同じか」

と思えたのです。


つまり、

僕が今抱いてる、
いつ実現するか・実現させられるかも
今はまだ見えない夢。


・こんな仕事したいな
・あの子と手を繋いでお散歩したいな
・こんなMagicやりたいな


あんなゆめ こんなゆめ
いっぱいあるっけど〜


それらもまた、

すでに実現している
人生の先輩方からしたら、

「Mattyくん、それ余裕だよ」

程度のことだと思うのです。


「大丈夫だよ」

「君なら余裕でできるよ」

「ぴったりのタイミングがやってくるよ」

と人生の大先輩方からの
愛のささやきが聞こえたのです。




ほんとは、
高校時代の男子水泳部
後輩ちゃんたちから呼び出されて
久しく語ったことなんかも記事に交えて、

僕の好感度を上げようかな
とか思ってたんですけど、

そこそこいい感じに
文章を終えられそうなので、
ひとまず締めたいと思います。




ね、

あなたの「夢2017」もまた、
叶いそうでしょ?


マジックプロデューサー Matty (マティー)