マジックがうまくなればなるほど自信をなくすタイプの人



物事を始めた時の「思考」
ー 自分でもまだちゃんと
  自覚できてないレベルの深いもの ー

それが物事を続けていく中で
大きくなり続ける。


というメカニズムがあるんだってことに
最近気付きました。




分かりやすいと思うので、
モテたくてマジックをやってきた
僕の話をしましょう。


「マジックができたらモテそう」


というのが、
僕がマジックをスタートさせた
ひとつの理由です。


「マジックができたらモテそう」


その当時の僕は、
この言葉の奥に
どんな思いがあったでしょうか?


ちょっとあなたも考えてみて!






「マジックができたらモテそう」

その奥にあるのは、

「マジックをやってない
  素の自分はモテない」

です。


これがとても危険です。



僕はマジックをやればやるほど、

「マジックをやってない
  素の自分はモテない」

という思いが強固なものになっていった
ということです。


コインマジックをマスターしても、
カードマジックをマスターしても、
ステージマジックをやっても、
フォーク曲げができるようになっても、
学生でプロデビューしても、
テレビに出演しても、
マジックで1位になっても…




これはどういうことかというと、

例えばおデブさんがいて、
体型にコンプレックスを
抱えているとしますね。


そんな時、

「体型を隠せるモテる服」

が売り出され、
それを喜んで買って身に付け、

「この服を着ていればモテる」

と思うわけです。


「この服を着ていればモテる」

ということは、

「これ以外の服を着たらモテない」

であり、あるいは、

「裸になったらモテない」

という思考がはたらきます。


そのモテる服を着れば着るほど
(本来の)自信を失ったり、
服を失う不安に駆られたりします。


僕はマジックでそんな経験をしてきました。




じゃあその不安や、自信のなさを
どう終わらせるかというと、

「モテる●●」を手放す

ってことです。


僕ならマジック。
そのおデブちゃんなら体型を隠せる服。


怖いよね?


素の自分晒して、素の自分を感じて、
素の自分で人と関わるの怖いよね。


今までの努力が
無意味っぽくなるのも切ないよね。


今までの選択がそもそも
ズレていたことになるの切ないよね。


でも素の自分大切にしたいし、
できれば好きになりたい。


そういう気持ちが強くなってきたら、
手放してみ。


大丈夫だから。




「マジックがなければモテない」

と思ってる人が、

「素の自分でもモテる」

って気づくためには、
マジックから離れるしかない。

 




  * * *


モテるためのマジックレッスンってのを
僕はやってきましたから、

「マジックやればモテるよ」

と(遠回しに)言っています。


でもほんとは、

「マジックやらなくてもあなたはモテるよ」

がほんとのとこです。


だから、
今度開催するマジックレッスンは、

・マジックも教えるし
・素のあなたと向き合う時間もあるし
・女の子と過ごす時間もある

という構成になってます!


素敵なバレンタインデーを
過ごせますように♪




マジックプロデューサー Matty (マティー)