▷Coin on Shoulderのやり方 〜観客の肩へ移動するコイン〜


観客の目の前で、
マジシャンの指先からコインが消え、
消えたコインは観客の肩の上から現れる。


Coin on Shoulderや
ミスディレクションの秘密について
書きたくなったので、
ブログを書いています。




動画


元々別の目的で編集したため、
一部動作がカットされています。

ブログを書き終えてから
この動画を追加しました。




流れ


Coin on Shoulderの流れとしては、


・コインを示す
・観客に左手を出してもらう
    ★
・コインを消して見せる
・観客の左肩の上にコインが乗っている


という具合です。


★の段階で、
実はコインを観客の肩の上に乗せています。




このマジックは、
仕掛けのないコイン1枚で披露可能です。




解説


さらに細かく解説していきます。


◆観客の左隣へと近づく。


◆マジシャンの右手にコインを乗せて示す。

「コインを使ってマジックをやってみます」
などと言って。


◆「左手をお借りしてよろしいですか?」
と言いつつ、マジシャンは右腕を伸ばしつつ
マジシャンの肩の高さくらいに上げて、
こんな風に左手を上げて!と動作で伝える。


◆観客が左手(左腕)を上げ出したら、
その瞬間(コインに対して)
ミスディレクションが発生する
(≒オフビート)ので、

この隙に、マジシャンの右手から左手へと
フェイクパスを行う。
※フェイクの方法は何でもOK。


◆左手は(コインがあるかのように)
握ったまま、観客の左手の下に添え、
観客の左手をクッと固定する。


◆それと同時に、
フィンガーパームした右手を
観客の左肩に添え、
こっそりコインを置いてくる。

左右の手が観客に触れているが、
「左腕をしっかり固定しててね」
という意味合いの動作となる。


◆観客の左手の上の辺りで、
マジシャンの左手の(実際には存在しない)
コインを右手に取り、消失して見せる。


◆コインはどこ?と観客は思う。
「あなたの手にも
(コインが)ないですよね?」

「姿勢をそのままで、
 肩の上に何か乗っているのが見えますか?」

と肩の上にコインが
移動しているのを見せる。


左肩にコインが乗っています。
(女の子の左手は裏向きになって
  いますが、最初は表向きでした。)

ちなみに、、
この時僕の右手は女の子の背中を
そっと触っていますが、

女の子はマジックに驚いている
(オンビート)ので、触られている
感覚(記憶)はないはずです。
Coin on Shoulderの
コツはいくつかあるので、
今後またご紹介したいと思いますが、

今回お伝えしたい大切なポイントは…


「観客が左腕(手)を伸ばした

(ミスディレクションの)

  瞬間にフェイクパスを行う」


ということです。


通常「フェイクパス」って、
その動作を観客に
“しっかりと見せて”行うものです。


しかし、

コイン1枚で行うCoin on Shoulderの場合、
フェイクパスをしっかりと見せていては
マジックを成功させられません。


オフビート中に
フェイクパスを行なっていいのです。




こういった、
マジックの大前提的な
「ルールの壁」を超えない限り、

Coin on Shoulderのような、
ミスディレクションを使った
魅力的な現象を実現することは
不可能なのです。




ミスディレクションやオフビートを
活かしたマジックについて
お伝えしたいことがあって、
この記事を書きました。


Coin on Shoulderを
上手く成功させる秘訣は他にもあるので、
また何かの機会にご紹介します。


Matty




なぜこの記事を書きたくなったかというと、

『観客の手の中で入れ替わるコイン』
のスイッチをするムーブもまた
一瞬のミスディレクション中に行い、

Coin on Shoulderと
動作がほとんど同じだからです。


ミスディレクションやオフビートは
こちらをご参考に。



18.7.4 追記


オリジナルルーティンを作るためのヒント、

アイディアの降ろし方のヒントとして、

こちらもどうぞ!


0コメント

  • 1000 / 1000