▷『筆跡マジックセラピー』が相手の本心を導くメカニズム



こどもと楽しむ手品のレクリエーション
『マジックセラピー』より。




あなたの手書きの文字の特徴を見て…

セラピスト(カウンセラー、マジシャン)はじっくりと考えてから、

あなたを見つめてこう言ったとします。


「あなたは今、すごくやりたいお仕事があるんだけどでも…

  躊躇していたり怖がっていたり、ブレーキをかけている。

  挑戦したいことがあるけど、何か遠慮していますよね?」


真剣な表情でそう言われたら、
あなたはどう感じるでしょうか?


「今取り組んでいるあの仕事のことが、文字に表れているのかな?」

「アメリカで研究したいという夢のことかな?」

などと、

あなたの内側にある言葉(エネルギー)


が自ら導き出されるはずです。




さらにそのセラピストが優しい表情で、

「あなたなら大丈夫、できるよ」

と言ってくれたらあなたは、

「アメリカでの活動、挑戦してみよう」

と思えるはずです。




これはトリックを利用した会話の技術、メカニズムを解説するためにセミナーで行った実験ですが、

セラピスト(マジシャン)は、
実は相手が「アメリカで研究したい」と考えていることなど、

全く感じ取れていない

場合があります。


しかし、相手自ら、
「アメリカでの研究のことを言ってくれてるんだ」と、

会話を“補って”解釈してくれる

のです。


これはセラピストに対して信頼があればあるほど、
スムーズに起こります。




文章ではその感覚が伝わりにくいのですが、

例えばあなたの友達が、

「最近なんか調子よさそうだね?」

と言ってきたとしたら、
“あなたの方で(心の中で)”

「そういえば最近●●があったから、
  調子よく見えるのかな?」

とか

「最近お仕事の調子がいいから、
  そのことを言ってくれてるのかな?」

“自ら”会話(の着地点)を補うでしょう?





『筆跡マジックセラピー』とは、

筆跡心理学とマジックトーク(会話のトリック)を利用して、
相手の内にあるエネルギーを呼び覚ますカウンセリングの技術です。




次はこちらをご覧ください。


マジックアーティスト Matty