▷『傾き』隠された感情のエネルギー



手書き文字に「傾き」がある場合、
その言葉の奥にある
隠された感情が分かります。




◆左への傾き


感情を「抑えている」表れ
キーワード:我慢、怖い、
嫌い、苦手、ブレーキ… など
⇒ ネガティブな傾向


◆右への傾き


感情が「出ている」表れ
キーワード:好き、やりたい、
興味、アクセル… など
⇒ ポジティブな傾向


※横書きの文章が基本です。

※ややこしいかもしれませんが、
  「興味がある(好きだ)けど我慢している」ために左に傾く、ということもあります。


(マジックセラピー体験講座より)


例えば、

『明日は田中さんに会った後で、

  鈴木さんに会う。』


というメモがあった時、

「田中さん」は左に傾き、
「鈴木さん」は右に傾いていた場合、

「田中さんは苦手で、鈴木さんは好き」
と解釈することができます。


あるいは「田中さん」は好きなんだけど、
今回は仕事のミスを報告するために、
感情的にブレーキが
かかっているのかもしれません。




『・お客さんにメール

  ・会計処理

  ・パーティーに参加』


とメモがあった時、
「お客さん」は左、「会計」は左に、
「パーティー」は右に傾いていたとします。


この場合、

「お客さん」といっても
“お客さん全員”に対してネガティブな
イメージをもっていることもあるし、

これを
“書いた時イメージしていたお客さん”
に対して
ネガティブな感情があるとも解釈できます。


また、
「会計(処理)」は苦手意識があったり、
「パーティー」は好き、楽しみ、
などと解釈できるわけです。




これは、他人の文字を分析することで

「他人」の心を感じてあげる

ことにも活用できますが、


実は何より、

「自分」の本心を理解する

のにとても効果的です。


あなたが普段書いている
手帳や日記、メモなどを見て、
分析してみてください。



そこにはあなたの
「本当の気持ち」が表れています。


あなたの内にある
「本当のエネルギー」と
向き合っていくことで、

あなたにしかない

魅力や才能を開花させることができます✿



マジックアーティスト Matty



次はこちらをご覧ください!

*人生を叶える文字のシークレット『筆跡心理学』記事一覧



0コメント

  • 1000 / 1000