▷『スペース』心のゆとり


*人生を叶える文字のシークレット『筆跡心理学』記事一覧


文字単体や文章全体として、
どの程度の『スペース』があるか?


それこそが、「心のゆとり」を表します。





◆文字単体のスペース



例えば

『口(くち)』

という字を書いた時、
四角形のようにきっちり

四辺が閉じている字もあれば、


『Iコ』

※アルファベットのIとカタカナのコで表現。


のように四辺の閉じてない

すき間のある口もあります。



同様に

『日』『る』『B』『家』

といった文字でも、
空間にゆとりがあるかどうかを

分析することができます。



「心の窓」のように考えてみてください。



窓を閉ざしていては、

新しい風(チャンス)は入ってきませんが、

開けてばかりでは、

ほこりや雨が入ってきてしまいます。


どちらがいいとは言い切れないわけです。






◆文章全体のスペース



文字単体ではなく文章

(複数の文字)視点での分析方法です。



『田中裕二』

『 田 中 裕 二 』



前者の方が、空間的に詰まっています。
後者の方がゆとりがあります。



『 家 に 帰 っ た ら 、 

  仕事 を 片付ける。』



このような文を書いている場合、
『仕事』『片付ける』が詰まっているので、
仕事に対する息苦しさ、窮屈さ

のようなものを読み取れるわけです。



仕事から少し離れてみたり、
仕事に対する力を

緩めてみてはいかがでしょうか?





文字単体、あるいは文章全体で見た時、
スペースのない文字は、
「心が縮こまっている」ということです。



ゆとりのある文字は、
「心にもゆとりがある」と分析できます。



(マジックセラピー体験講座より)



◆思考の間



『今日は  渋谷に行って、

  友達と会って とても楽しかった。』



文節の所々にスペースがありますが、

これは文章を書く際に

「(次に何を書こうかと)考えていた時間」


と分析でき、

心のゆとりとは少し異なります。





マジックアーティスト Matty



※ 中学高校の頃、

  爆笑問題さんのラジオよく聴いてたので、

  田中さんのお名前を

  例に使わせてもらいました!



次はこちらをご覧ください!

*『姓名』家族と自分の関係性 

*人生を叶える文字のシークレット『筆跡心理学』




〖17.11.20追記〗

✩12/9(土)夢が叶う⋆︎Christmas マジックパーティー @恵比寿プライベートサロン

✩✻2017Christmasパーティー✩出張マジックショーキャンペーン
忘年会もOK!

✩横浜ベイサークル10周年記念プレミアムグランドクリスマスパーティー2017に出演します!