能力を使わないでいると死んでしまう


「音楽がガンガンかかってるとこでマジックやりてぇなぁ」

なんてことを先日ふと思って、
DJのお友達に教えてもらったイベントに昨日、
乱入させてもらいマジックをやってきました!




ここで一番感じたのは、

「エネルギーをちゃんと使わないと心が腐っていく」

ということでした。




例えば、
嫌なことを我慢しているとストレスが溜まって、
心が腐っていきます。


…ということは誰にでも経験のあることかもしれませんが、

それと反対に、

「好きなこと」

を我慢していても、
心はだめになるんだと感じました。


もう少し抽象化すると、

「秘めている能力を使ってあげないと心は萎んでいく」

ということです。




昨日参加したイベントには何名か外国の方がいて、
そういう時僕は(クロースアップ)マジックをやりながら英語を挟み込みます。


「マジックは言葉が通じなくても伝わっていいですね」
とたまに言われますが、それはちょっと違います。


映画の役者の言語が分からなかったら物語の本質を掴みにくいように、
マジックも言葉ってとても大切なのです。


だから日本語が分からない方がいる場合には、
英語をちょこちょこ使うということです。




で、

適切な単語で、適切なリズム感で、適切なpronunciationで英語を話すのは
— つまり適切に誘導していくのは —
僕にとってちょっと難しいことです。


でも、


難しいからこそ頭をフル回転させる

(普段使い切ってない能力を呼び覚ます)

し楽しかったりします。



思えば学校の勉強も、
簡単だなと感じた瞬間からつまらなくなるじゃないですか。
授業のペースがのろかったりして。




演じ慣れたマジックに関して言えば、
日本の方を相手にやるのはもう簡単です、しかし、

これが日本語の通じない方となると、
一気に難易度が高まります。


でもそれが 
— 普段使ってないエネルギーを使おうとする体験が —
僕には楽しかったというわけです。




今回とても感じたのはその部分です。



人っていろんな能力を秘めている

けれど — そしてそれは本人すら、周りの人すら分かっていなかったりするけれど —

それを使わずにぬるま湯に浸かっていると、
心が腐っていくと。

退屈な毎日になってしまうと。



「難しいことこそ楽しさ(喜び、幸せ)」
と勘違いして不倫に走ってしまうようなのはちょっと違うとしても、

「挑戦」「未知」「冒険」「遊び心」

って大切だなと。


お酒:ミモザ



話は少し逸れますが、
僕が外国の方とお話する機会って大抵マジックが共通の言語(仲良くなるきっかけ)になって、
マジックって愛おしいなと思いました。


マジックアーティスト Matty








ひらめいたことはやってみようってことですね!

0コメント

  • 1000 / 1000