コンプレックスは全部使え


オリジナリティや個性、圧倒的な魅力って、
「悩み」から生まれるんじゃないかと思う。


ちょっと自慢させてくれ!!



セラピストさんと一緒に仕事してるマジシャンって、
たぶん日本にいないんじゃないかと思う。


でも僕にはセラピストの弟子がいて、
一緒にセラピーをやったりする。


(セラピーという技術が)今では僕の誇りになっているけど、
例えば学生の頃だったらそういう気持ちにはなれなかったと思う。


僕がなんでセラピストさんにレッスンをすることができたか、
なぜセラピーを一緒にできるかと言ったら、
僕がかつてセラピーを研究してたから。



自信がもてなかったらから。
自分とうまく関われなかったから。
人とのコミュニケーション、会話が苦手だったから(あ、今もか)。
自分のことをマネジメントする以前に他人を変えようと思って生きてたから。


これがほんとのところ。


その延長で、
会話のトリック「マジックトーク」を身に付けたり、
手書き文字から心を分析する「筆跡心理学」を研究したりマジックショーに取り入れてみたりした。


だからセラピストさんにレッスンができた。




過去の自分を振り返り、
そしてリソースを掘り返して再び誰かのために使うってことは、
自分のコンプレックスと向き合う苦しさが伴うと思う。


そのコンプレックスが強ければ強いほど、
それをカバーしてきた能力も強くなる。


セラピストさんと仕事をさせてもらって、
そんなことを体験した。




そしてきっと、
セラピストさんが自分だからこそできるセラピーを模索する時も、
僕と同じプロセスを辿ったと思う。


悩んできたこと、失敗してきたこと、孤独だったこと、押し殺してきたこと…
を振り返る。


そういう感覚があるからセラピーができる。
悩みの数と性質がオリジナリティに生まれ変わる。




そんな僕たちは、手書き文字を利用してクライアントの心を導いていく(トリック)「筆跡マジックセラピー」なんてものをやっていて。



久しぶりに改めて筆跡心理学を勉強していて、
そんなことを振り返ったのでした。



だからあなたも過去を受け止めた時、
そこから大きなエネルギーを呼び醒ませますよ。


という話でした。


マジックアーティスト Matty


0コメント

  • 1000 / 1000