モチベーションと直感力は曲線的に変化する


やる気って「一直線」に進むものではなく、
「曲線的」に変化していくもの。


inspired by 神田昌典さん『ストーリー思考』より


【赤星】目標に対して【青点線】直線に描いてしまうのがよくある計画。


時間と比例して行動したり努力したり変化したり成長したりすると見込む。


でも実際にはそうならないから、
【緑曲線】を事前に描きます。




そうすると、
本来の進捗レベルに到達しない時期
— 【青直線】計画よりも【緑曲線】実際が低い — 
があっても(落ち込まなくて)いいし、

逆に計画よりもずっと突き抜けてしまう時期があってもごく自然だということになります。




計画を立てても想定外のことでうまく進まなくなることがあるのと同じように、
想定外のことですいすい流れに乗ってしまうことだってあるはずです。


僕はマジック(お仕事)をやってきてそう感じます。
今こうして生きてるわけだから。




直感(インスピレーション)が僕たちに何かを教えてくれる時って、
【緑曲線】において、一寸先を感じ取っているんじゃないかと僕は思ってます。


「なんとなくやりたくない」
「なんとなく会いたくない」
「なんとなく保留にしたい」

というのはこれから曲線が下っていく時。


「なんとなくやりたい」
「なんとなくほしい」
「なんとなくGoしてみた」

というのは曲線が上がっていく時。


「決めたことは実現する」と言う方は、
上がっていくタイミングが来て未来が見えた人なのだと思います。

目標に対して前向き(上向き)の時があれば、
下向きの時もあっていいということです。


“今自分”は曲線においてどの位置にいるのかを日々感じ取ることで、
直感の精度って高まるように感じます。


これから下がっていく時は無理をしない方がいいし、
これから上がっていく時期に遠慮したり我慢していたらチャンスを逃してしまいます。




たまたまやったマジックがとてもウケた。
なんとなく気になったショップに思いがけず欲しいものが売っていた。
フラッと入った飲み屋さんで素敵な出逢いがあった。
たまたま見た映画が悩みを解消してくれた。


…というように。


僕は元々直線的、物質的つまらない人間だったからこそ、
こういうことを強く思います。


マジックアーティスト Matty

※ シェアはご自由に!




行動に移していくヒントはこちら。笑


マジックのオリジナルルーティン構築のヒントとしても活用できます!笑


僕こういうの好きなんですね!笑


普通縦軸は図の左にとると思うんですけど、
この配置がわけあって好きなので、僕は縦軸を右側に書いてます!
理由が分かった方は僕のマニアかもしれません。。



0コメント

  • 1000 / 1000