自己否定というGift



「自己否定って無駄だしネガティヴだな〜」


とここ数年は思ってましたが、
実は自己否定(をしている期間)すらギフトなんじゃないかと思えるようになりました。



なぜかというと、
自己否定している間人は外に何かを求め、
彷徨ったり努力したり学んだり体験したり動き回ったりします。


それはあたかもポケモンで草むらや洞窟をうろうろするようなもので、
そのバトルによって経験値を得るしレベルアップするし、
レアアイテムをゲットしたりミニスカートの女の子に出逢ったり、
レアポケモンに遭遇したりするから。


最短距離で(遠回りすることなく)今のポジションを獲得してしまったら、
いろんなリソースを築けなかった(気付けなかった)と思うのです。





僕がブログを書いている理由のひとつが、
自分のコンテンツ(サービス)の整理です。



マジック、心理セラピー、筆跡マジックセラピー、マジックセラピー、マジックトーク、ミスディレクション、タイムミスディレクション、ルーティン構築法、起業家プロデュース、モテマジック…


といろんなアイディアがあるから、
それらを整頓しておきたかったのです。


どれも同じことを言ってるんですけど、
同じものとして説明してしまうとピンぼけするんです。


同時に、
「俺はこういう仕事ができるんだよ」
とファンに伝えておきたかったし、


問われた時に
「ブログ読んで」
でこと足りるようにしたかったのです。





でももしも、
社会人1年目や2年目でいい流れの中にいたら、
自分のリソースを掘り起こすなんてことはしなかったと思うのです。


時間的にも労力的にも。





今現在「自己否定」している人がいたとしても、
それさえGiftなんだと分かるようになりました。



Photo:Ro-j Chang


マジックアーティスト Matty




自己否定してしまうのは、
人生が下向きの波にある時。
それさえベスト!




起業家・フリーランスは、
「悩んできたこと」こそ圧倒的価値になる。