パフォーマンスのお金は事前に振り込んでもらう【3つの理由】


個人で活動してきて、特にスポットのお仕事の場合、料金は全て「事前に振り込んでもらう」ようにしてきました。

これには3つの理由があるので、
「これから個人で活動していきたい!」
というアーティストさんの参考になればと書いておきます。


①パフォーマンス中お財布を持ちたくない

②当日お金の話をしにくい

③お金を払ってもらえなかったことがある





①パフォーマンス中お財布を持ちたくない


パフォーマンスの時、身体やポケットはなるべく軽くしておきたいから、お財布を身に付けておきたくありません。

パフォーマンス直前にお金を受け取ってしまった場合、大金をどこかに置いておくのも不安です。



②当日お金の話をしにくい


パフォーマンス前やパフォーマンス後に、
「お金をお願いします」
って何となく言いにくかったりします。

あるいは他のゲストがいる前で、ご依頼主にそう伝えるのも、難しかったりします。



③お金を払ってもらえなかったことがある


もう何年か前のことですが、お金を頂けるという話になっていたにもかかわらず、パフォーマンス後お金を頂けなかった仕事がありました。。

こういった曖昧で中途半端な仕事を防ぐため。




以上3つの理由から、僕は「料金を事前に振り込んでもらう」ようになりました。

会計処理の都合で、現金でなく振り込んでもらっている、という理由もあります。

マネージャーさんがいたり、スタッフがいたりする場合はいいとしても、1人で現場に行って1人で全て行う場合には、これをおすすめします。


先日出演したグレース会の会場『バグース・バー芝浦』のスタッフさん、ご丁寧なご対応ありがとうございました!

日本テレビ『東京タラレバ娘』のロケで使われたらしいです!

Photo:Ro-j Chang


マジックアーティスト Matty