「知ってる」「分かった」の代わりに「うまい」「かっこいい」「美しい」と言ってほしい


マジックをやっていると、
その途中で

「(そのタネを)知ってる!」

とか、

部分的に何か分かったことに対して
(あるいはあえて分かるようにやったことに対して)、

「分かった!」

と言うお客さんがいますが、

その言葉って僕はテンション下がるんですよね。

“論点そこじゃない感”で。


例えば映画を見ながら
なんとなく展開を読めてしまったとしても、

「分かった!」

とか言わないじゃないですか。

レストランでオムライス食べてる時、
あるいは女の子がハンバーグを作ってくれた時、

「これ(作り方)知ってる!」

とわざわざ言わないのが自然じゃないですか。


でもマジックに対しては
「知ってる」や「分かった」
と宣言してしまうのってなんなんだろうと思うわけです。

僕にはその感覚が分からないんです。。

(怒ってるわけじゃなくて残念、悲哀)


そこで、

どうせなら代わりにこういう言葉を使ってね!

というご提案をさせていただきます。

「知ってる」
「分かった」
ではなく、

「うまい!」

「かっこいい!」

「美しい!」


これでお願いします。



これならたくさん言われれば言われるほど、
僕は気持ちよくマジックをやっちゃいます。

「知ってる」「分かった」は、
言えば言うほど僕がどんどん不機嫌になったり、
発言者に対して冷たくなったりしますから。
(ほんとだよこれ)

くれぐれもご注意ください。


「うまい」「かっこいい」「美しい」

お好きなものを。


マジックアーティスト Matty

0コメント

  • 1000 / 1000