ごはんと梅干し

人と「合う・合わない」ってある。


「合う・合わない」ってのは、
「同じ・異なる」ということではない。


例えば、
僕がAさんとフィーリングが合う時、

それは価値観が全く同じということではない。


僕が女の子を好きになった時、
女の子は男ではなくて、
僕と同質ではない。


それは喩えるならごはんと梅干しのようなもので、
相性は抜群だけれど、
色も形もサイズも食感も味も…全く異なる。

けれど異なるからこそ合う。
味も美しい。


「ありがたいけど心地よくない(合わない)」

「ありがたいし心地いい(合う)」

ということもあって、

僕はこれからの人生を、

「ありがたいし心地いい(好き)」

の関係で埋め尽くしていきたいと思いました。


僕が白米なら、
梅干しさん、うなぎさん、豚汁さん、カレーさん、タコライスさん…
いくらでもかかってこい!

そんな関係ウェルカムです!


Matty




お知らせ

6/29(木)サンクチュアリ出版さんでのイベント!
『自信をモテる!飲み会でウケる3つのモテマジックと心を読める会話トリック【1Day講座】』

0コメント

  • 1000 / 1000