勝ち負けの意識でやっていることはいずれ負ける

「負けたくない」「勝ちたい」「負け組になりたくない」「見返したい」

そういう気持ちで始めたこと、やっていることは、
どこまでいってもその気持ちから抜け出すことができないっていう話です。


才能があったり、センスがあったり、チャンスに恵まれたり、努力したり、死ぬほど頑張ったり…

そうすればそこそこの結果が出るはずです。


仮に「⚪︎⚪︎第1位」とか、「勝利」、「すごい実績」みたいなものを手にしたとしましょうか。


実は、勝ったことによる安心感(みたいなもの=高揚感・俺すごい感)は一瞬で過ぎ去ります


なぜかというと、
より若いライバルが現れるし、より優れた人が次々と生まれるからです。


そうするとあなたは、
より負けないように、より勝てるように、より優れるように…
とまた同じことを繰り返さなくてはいけません




なぜこんなにもあなたの心理状態にぴったりな言葉をお伝えできるかというとね、
僕が「マジック」を(途中から)そういう意識でやってきたからです。


ではどうしたらそんな苦しい戦いをやめられるかっていうと、
勝つため、戦うために生きるのをやめることです。


「勝ったら好かれる」みたいな、小学生のドッヂボールみたいな感覚を捨てることです。
足の速いやつがモテるなんていう小学生のルールを早く捨てることです。


負けてることをとっとと認めることです。

(つらいよね)


「負けてること」と向き合った時そこに等身大の自分がいます。


等身大の自分には、等身大の弱点も、等身大の能力もあります。


等身大の自分と向き合えた時、
初めて本当の能力に気付けるでしょう。


これは背伸びしてないから、
無理なく安心感の上に力を発揮することができます。


疲弊しない努力で、人を喜ばせることができます。
「負けないために」するのではなく、「好きだからするようになります。


「負け」を認めて降参すると、等身大になれるので、ナチュラルな「勝ち」が手に入ります。
「勝ち」というより「価値」ですかね。


「勝った人」よりも「使命を生きてる人」の方が魅力的だ。



* * お知らせ * *


サンクチュアリ出版さん1Day講座

&

四八珈琲トークライブ



あなたの感性が目覚めるきっかけになれば幸いです。

6/29(木)自信をモテる!飲み会でウケる3つのモテマジックと心を読める会話トリック【1Day講座】』

サンクチュアリ出版さんにて開催します。
 ↓ ↓ ↓


7/5(水)夜、四ッ谷のカフェにてハーティストしのぶさんとトークライブを行います!

さらに、Mattyの生徒さん&しのぶさんの生徒さん同士の交流マジックレッスンディナーもお楽しみいただけます。

ご予定空けておいてください。
7/5(水)19:30〜22:00四ッ谷です!


* * * * *


イベント情報を見逃したくない方は、LINE@(無料)にご登録ください


マジックアーティスト Matty (マティー)

Photo:Ro-j Chang

0コメント

  • 1000 / 1000