《人間 × 空間 × 時間》的ホームで有利なコミュニケーションを取る


マジックを披露するのでも、マジックトークを活用するのでも、

◆人間

◆空間

◆時間


3つの「間」においてホームであるほど、あなたは有利に、思い通りにそれを実現することができます。

それぞれの「間」について解説していきます。


人間的ホーム


お仕事のシーンをイメージしてみてください。

・なんらかのニーズがあって、「Mattyさんにぜひお願いしたい(頼みたい)です」と言っている人
・異業種交流会で出会った初対面の人

前者と後者、どちらの方が、サービスを買ってもらいやすいでしょうか?

当然前者です。


ですので、ここで言う「人間的ホーム」とは、あなたにとって有利な関係性が築けていることを言います。


空間的ホーム


カフェに入るとします。

あなたが
・慣れ親しんだよく通うカフェ
初めて入るカフェ

どちらの方がよりリラックスしていられるでしょうか?

当然前者です。


初めて行ったカフェでは、
トイレはどこにあるんだろう?」とか
「アイスコーヒー1杯いくらだろう?」とか
「どのが居心地がいいだろう?」とか、
知らないことが多くて、より緊張状態になるからです。


例えば飲み会に参加する時、
初めての地で初めての飲み屋さんに入ったら、
慣れ親しんだエリアのよく行く飲み屋さんに入るよりも、空間的にアウェイだと言えます。


時間的ホーム


例えばあなたが、料理が全くできず、それをコンプレックスに感じていたとします。

もしそうだとしたらきっと、「お料理パーティー」なんてものに参加することに抵抗が大きいはずです。

一方で料理が大好きだったり、あるいは今は得意ではないけれど挑戦してみたいという考えがあるのなら、「お料理パーティー」に対してポジティブな気持ちでいられるはずです。


「時間的ホーム」とはそういうことで、
その時間の中で体験する(であろう)ことが、あなたにとって心地よいかどうかということです。


人間 × 空間 × 時間


その場での振る舞いやコミュニケーションをあなたにとって、より望むものにしたいのなら、
「人間的要素」「空間的要素」「時間的要素」を吟味してください。

ということが今回最もお伝えしたいことでした。

(全てにおいてホームである必要はありません)


イソップ寓話に、「ウサギとカメ」がありますが、あのレースはカメさんにとって明らかに不利です。

でももし、海を泳ぐレースであったら、カメさんにとってとても有利になります。

かわいいね!

あなたが何か手にしたい結果がある時に、
そのプロセスはあなたにとって有利なもの
心地いいもの・好きなもの — を選んでください。

不快なもの・嫌いなものとだけ向き合っていると、
自己嫌悪に陥って能力を下げてしまいます


マジックトークをコミュニケーションに活用したり、マジックを披露したりする時も、
あなたの精神状態が整っていなければ、それらの技術は全く役に立ちません。


でもどうしても、
「人間 × 空間 × 時間」それぞれの要素を選べないということが現実にはあるはずです。

そんな時こそ、
が活用でき、効果を発揮します。

これについては、また今度改めて解説しようと思います。



お知らせ


サンクチュアリ出版さんで開催する、
6/29(木)自信をモテる!飲み会でウケる3つのモテマジックと心を読める会話トリック1Day講座」では、
マジックトークでいかに人を誘導していくのか実演します。

ご参加はこちらから



ハーティストしのぶさんとのトークライブ「Heart Cafe」

7/5(水)19:30〜 四ッ谷のカフェにて開催されるトークライブ、マジックレッスン、交流ディナー。

詳細はこちらから



イベント情報はLINE@で優先的に配信しています。


マジックアーティスト Matty
Photo:Ro-j Chang