目標は曖昧でいい


明確な目標」「明確なプラン
を描いている人って尊敬される気がします。

学校教育の影響でしょうか?


「明確な目標」って、
ある時すっと消えるものです。

それは、

目標を実現してしまった時とか、
目標を実現しつつある時とか、
人生のステージが変わって新しい挑戦をしていく時。




ひらめきが具体化されていったものが目標であって、
さらに具体化させたものがプラン(計画)だから、
最初は描けなかったり漠然としていたりしていい


中学生の時ぼんやり、
「プロになれたらいいなぁ」と思った時、
具体的なマジシャンになる方法なんて知らなかった。

具体的な目標・プランがないからといって、
それは実現できない根拠にはならないってこと。


今はまだ曖昧なその感覚を信じて。


マジックアーティスト Matty