「未熟な俺だから論理的思考が必要なんだ!」と外国人の友達に伝えたとしたら理解してもらえるのか?

そんなシチュエーションが
あったらどうなるんだろう。

と思いついてしまったのが
今回の物語の始まりです。


というのも、

昨日『東京イベント集客会議』
(イベント企画や集客に関するセミナー)
に参加させていただき、その懇親会で、

「Mattyさんはどうやって
  ブログの記事を書いているんですか?」

といったご質問を頂き、


「本を読んだりセミナーで聞いたりしたこと
  (そのうち自分の人生で検証できたもの)を
  自分の言葉で書いてます」

こんなふうにお答えしました。



もう少し細かく言えば、
って話になるんですが、

そもそも僕がなんでこう
文章を書きまくるようになったかと言えば、

「すごい方たちと対等にお仕事していきたい」
「なんとか皆様のステージにまぜていただきたい」
っていう想いがあるからだと思ってます。


学生の頃からビジネスの世界
(社会)に飛び込んで、
あほをこじらせ卒業と同時に自営業となり、

失敗を繰り返しながら、
著名な方や成功者と呼ばれる方たち
(年齢的にもビジネス的にも高いとこにいる)
の近くでお仕事をさせてもらっている。


この孤独な戦い
分かっていただけます?


すごい人たちと同じ空間でセミナーやったり、
懇親会やったり、パーティーやったり、

…怖いわけですよ。
自分の小ささが際立って。笑


億とか数千万の世界で生きている人たちと
同じ空間にいて、

「で、Matty氏はどんな仕事してんの?」

と問われないにしても、
そういう気圧を感じるわけです。
同じテーブルでごはん食べたりしてると。

全然ごはん味わってないからね。
緊張感しか味わってない。笑


そのせめてもの償いとして、
文章で背伸びしてる、
いや精一杯自分をアピールしてるのが、
ブログです。あるいはFacebookです。


素晴らしい方々と
同じステージでやってけるように、

自分を保つために、
論理的な思考が必要なんです!


 * * *


話をスタートに戻しますよ。

もし、
日本語があまり分からない
外国の友達(いないけど)に、

「Matty氏 ナゼ、ブログ書く?」

と問われたとして、


僕は

「未熟な俺だから、
  自分を保つために論理的思考が必要なんだ!」

こう答えると思います。

でも、
彼は日本語がよく分からないから、

「論理的思考」を「lonely」と
聞き間違えると思います。


「ツマリ、
  Matty… 孤独と たたかッテルノネ?」


あながち間違ってない
コミュニケーションが実現すると思いました。


終わり。


マジックアーティスト Matty

0コメント

  • 1000 / 1000