親とのやり残しを終えるために人は起業する。



起業という道なき道を進んできたおかげで、
(おかげでなんていう
  綺麗なもんじゃなかったし、
  これからもたくさん
  すっ転ぶかもしれないけど!笑)

僕はタイトルの通り、
『親とのやり残しを終えるために人は起業する』
そう思うようになりました。

セラピーってことを
研究してきたためでもあると思います。


分かりやすい例で言うと。。

◆親が贅沢せずに質素に堅実に生きているから、
子どもの自分だけが楽したり楽しそうにしたり
豊かさを楽しむこと(≒お金を使うこと)に
抵抗がある。

とか、

◆親が服にお金をかけていなかったから、
自分のための服を買う時に
もったいない気がしてしまう。

とか、

◆お母さんに弱音を
吐かないようにしていたから、
女の子の前でも強がって、
どこかでパンクしちゃう。

◆お母さんに迷惑かけないように、
自立するようにと生きてきたから、
女の子からも
自立=孤立してしまう人生になった。

◆お父さんのことを人として
信用していなかったり、
ムカつくことがあったから、
年上の男の人に対しても
同じように心を開けなかった。


そういうことって…ありません??


僕はメンズですが、
勘のいい乙女は、
乙女であっても同じようなことが起こりうると
変換して読んでいただけたかと思います。

(特に恋愛とか…、恋愛とかにおいて。笑)



「起業」って、
仕事=自分です。

自分=人生ですから、
よって
仕事=人生です。

(なんか理屈っぽいね!)


人生は、過去と今と未来です。

だから起業する人にとっての
仕事と向き合うってことは、

「過去・現在・未来と向き合う」
ってことです。


でも起業したいなんて考える方は
そもそも未来の夢がたくさんあります。

そこでおざなりになってるのは
「過去」です。

蓋をしてきた、走って置いてきた過去です。

(というより過去がつらくて
  夢を見られるのかもしれませんね)


先に書いた具体例とやらは、
僕が特に社会人(つまり自営業)になってからの
実体験ってわけです。


僕たちはきっと、
捨てられない大切なもの、
忘れちゃいけないもの、
失いたくないもの、
自分だからこそ大切にできるもの…

そういうのがあって、
でも生きてく中でそれを喪失します。

(…大切にするために
  一回喪失すんのかもしれませんね)

大切なことを思い出すために、
「起業」をするんだと思うわけです。

起業でなければ
自分と向き合えないからです。

与えられた仕事をこなすだけの時、
自分と向き合うなんて作業は
求められないからです。



僕は大学4年生の時、

「仕事がうまくいったら親との関係も
  なんかよくなるんだろうな〜」

と考えてましたが、
あれはきっと逆ですね。

親との関係性を取り戻すことで、
仕事がうまくいく。

なんでかって言ったら、
仕事(お金)という取り引きによって
手にできる関係性を僕たちは望んでないから。

テストでいい点を取ることで
親を喜ばせるのだったら、
がり勉でい続けなきゃいけないでしょ?

つらいでしょ、エリートさん?

なんにもなしに、無条件に、
生まれた時から今この瞬間までの自分で、
心地いい関係を築きたいから。

大切なものとつながるのに、
理由があっちゃいけないから。



ちょっと今回は
難しい内容だったかもしれませんね。

もう一度読んでみて、
数ヶ月ほどぼんやり過ごしていると、

「あ!!!そういうことか!」

って分かる瞬間がきちゃいますよ。

それが“マジック”ね!


我が家でお茶(ミルク)して行った
ご近所さんらしいです。


マジックアーティスト Matty