それは自分には関係ないです。


昨日ハーティストしのぶさんと、
それからマジックセラピーの講座を
一緒に企画している心理士の後藤啓吾さんたちと、
打ち合わせをしてました。

その中でしのぶさんが、
「Mattyさんに失礼なことを言ってしまった」と、
お会いしたばかりの頃(3年ほど前)
のことを振り返ってました。


しのぶさんが僕のマジック教室に
初めて参加した日のこと、

しのぶさんは
「マジックには興味ないけど、
  筆跡心理学を習いたい」

確かこんなようなことをおっしゃってました。

その時僕は特に何も感じなかったんですが、
確かにこれはよく考えれば失礼な言葉です。


例えばイチローが
人生哲学を語っている時にですよ、

「イチローさんの野球の話はどうでもいいんで、
  哲学の部分、一流になる秘訣だけを教えてください」
って言ってるようなもんで。

イチローがイチローになれたのは
野球という経験を通してであって、

野球なしにイチローは語れないはずです。

同じように、

僕がお伝えしていることは常に中心はひとつで、
その針はときに1時を指し、
ときに6時を指し、
ときに12時を指すみたいに、

マジック(=人間の心の動き)
というベースがあって、

それがときにセラピーになり、
ときに筆跡心理学になり、
ときにマジックトーク
(コミュニケーションのトリック)になります。


だから、

「Aの話には興味ないんだけどBには興味があります」
というのはちょっとおかしな話です。
失礼な話です。


(Photo:藤原千鶴さん


でも、

それはしかたないことでもあるなぁと思います。


例えば僕がセラピーを勉強し出した頃、

『親との関係性が仕事、お金、恋愛…
  に大きな影響を与える』

というようなことが書いてあり、

「いや、親との関係とか、
  俺は関係ねぇし。
  そんなの関係ねぇし!」

って、小島よしおばりに思ってました。

しかし、

セラピーに対する知識を深めたり、
あるいは人生経験を積むほどに、

「あ、ほんとだ、親との関係見直さないと」
という気付きの連続でした。



「それは自分には関係ないんで…」

と思っている時、
その無知な思考こそが今の自分を
今の場所に閉じ込めてるってことに
気付かないといけませんね!



僕が開催しているマジック教室のテーマは、
毎回異なりますが
(同じことを繰り返しやって
  ルーティンワークになり
  エネルギーが死んでいくのが嫌いなんです)、

お伝えしている本質はどの
マジック教室も同じだったりします。


今回は、

「人を喜ばせよう、驚かせよう、
  他の誰でもないあなたという人間として」

ってことで、

記念日に伝える『ありがとう』のサプライズ
1Dayマジック教室
 ↓ ↓ ↓

マジックアーティスト Matty

0コメント

  • 1000 / 1000