自分の体をなめていた

(あ、そういう意味じゃないですよ。)

実は何日か前に体を痛くして。

背中・肩らへんなんですけど、
たぶん原因は、

マジックショーの時の筋肉の使い方や緊張、
仕事の移動時の荷物の負担、
それ以外のお仕事のプレッシャー、
日常的な姿勢の悪さとか…

だと思ってます。

お医者さんも、
きっとそうですねとおっしゃってました。




あ、どのくらい痛かったというとある朝、

ベッドから身体を起こそうとしても
背中が痛くてできない。笑

“両手で”頭を洗おうとすると痛くて腕が上がらない。
から、(左半分・右半分と)片手ずつ使って頭を洗った。笑

寝返りをうつ時痛くて目覚める。
寝苦しい。笑

トイレで下を向きたくても(男の子なんでね)、
首が痛くてちゃんと向けない。笑


「笑」って書いたけど、
実際には痛くて痛くて、
笑えないような状況でした。

でもそれがなんかおもしろくもありました。笑←



病院でお金を払う時、
「もったいないなぁ」
とお金を差し出す自分がいました。

そこに何か違和感が、
我ながらありました。

自分の健康のため
(だから生活や仕事のため)
なのにもかかわらず、

「もったいない」
と思っている自分。


それはつまり、
自分を過小評価しているということでした。

「健康や心地よさにお金や時間を使うことはもったいない」
と自分自身に対して思っていたわけです。

自分の身体よりも仕事(あるいは他人)のために、
お金や時間を優先させていたってわけです。


自分を大切にしなければ、
他人を大切にできない。

自分を大切にしなければ、
他人からも自分を大切にしてもらえない
(大切にされても気付けない)。

ということをよく伝えている僕自身が、
実は自分のことを大切にしてないじゃん!

ととても反省しました。


しかも実際お仕事でも迷惑をかけてしまいました。
それによって。

本当にすみません。


僕の身体の調子が悪いと、
人に迷惑をかけてしまうんだということを、
よーく感じられました。

だから同じように、
僕が自分を楽しめていると、
周りの人にとっても、
嬉しいことなんだということも理解できました。

(親も心配してたので)




「自分を本当の意味で大切にしなければ、
  他人に迷惑をかけてしまう」

  ⬇︎

「自分を楽しませていると、
  周りの人も楽しませることができる」

身をもってこれを感じたので、
今まで以上に自分を大切にしようと思ったのでした。


ほぼ回復してるので、
ハロウィンパーティーなどお呼びください!

皆さんと一緒に楽しみます♪


◆ハロウィンパーティーにMattyを呼びたい方へ

◆9/30(土)記念日に伝える『ありがとう』のサプライズ *1Dayマジック教室*

◆10/7(土)自信とモチベーションを与える魔法のコミュニケーション『筆跡マジックセラピー』1Day教室

◆9/30(土)ホワイトパーティー5@The Place of Tokyo 東京タワー


マジックアーティスト Matty

0コメント

  • 1000 / 1000