柱の数でもなく高さでもなく、土台の傾き。


セラピーを勉強していた時、
心の仕組みを「家」に喩えた話で学びました。


2階建の家を改築する程度なら、
その家にちょっと手を加えるだけでできます。

でも、

2階建の家を3階建に増やしたり、
あるいは4階建へと飛躍的に大きくする場合、

2階建の上にそのまま乗せていったら、
家全体が壊れてしまいます。


だから、
一見遠回りのようだけれど、

一度2階建の家を全て壊して、
ゼロから3階建の家や4階建の家を作っていく。


初めてこれを読んだ時、
分かるような分からないような…

という感覚だったと思います。

しかしマジックをやったり、
人生を歩んだりするうちに、

それは普遍的なメカニズムなんだと
感じられるようになりました。




僕たちはつい、
いかに高いか、いかにたくさんあるか、
いかに大きいかを求めて、

ついついそのためだけに
突き進んでしまいます。


ではもし、

その家の土台が傾いていたら
どうなるでしょうか?


高さを出せば出すほど、
建物全体に無理が出てきて…


いずれ倒れます。


そしてまた傾いたまんまの土台に、
新しい柱を持ってきたり、
より太い柱を使ったり、
より早く柱を立てたりしても…


土台が傾いたままなら、
やっぱりいずれ崩れます。


状況は違っても、
本質的には同じ失敗を繰り返すということです。


じゃあ、

どうしたらいいでしょうか??




はい、そうです。

土台の傾きを整えるってことです。

土台をしっかり固めるってことです。


じゃあ、

どうしたら土台と向き合えるのでしょうか…?



行動が柱なら、土台は心。

外から見られるのが柱なら、
内側にあるのが土台。


今すでに、
ほんとは傾いている柱を…。


土台が水平でなかったら、
どんなに急いでも、どんなに力んでも、
やっぱり崩れてしまうから、

柱を一度疑って、
そして土台にアプローチする、
そんなレッスンをやってます。


土台から整えたい方のためのマジック教室です!!


◆9/30(土)記念日に伝える『ありがとう』のサプライズ *1Dayマジック教室*

◆9/30(土)ホワイトパーティー5@The Place of Tokyo 東京タワー

◆10/7(土)自信とモチベーションを与える魔法のコミュニケーション『筆跡マジックセラピー』1Day教室

◆ハロウィンパーティーにMattyを呼びたい方へ


マジックアーティスト Matty