流されて行った人


服を眺めていて、
「今年はこれが流行りなんです」
と提案されて、

ぶっちゃけこれはダサくないか?
と思うことがある。


流行の最先端を取り入れている人って、
それを主体的に取りに行ってるわけじゃないとしたら、

誰よりも早く、
流れに流されて行ってしまった人ってことになる。

流れを創ったわけでなく。


もし既製品のサイズ、
既製品の色、既製品のデザインが
あなたに合わないのなら、

創るしかない。

既製品に合わせることが上手で
うまく着こなしているようだけれど、
それは自分を失っているだけ。

そんな流行を手にした人よりも、
流れを創って行ってる人って輝かしいと思う。

今はその光が小さくても、
オリジナルの光だから。


Photo:高橋柚菜さん ホワイトパーティーより
音楽やってそうだよね?これ♪笑


✩ハロウィン限定!出張マジックショーキャンペーン!

マジックアーティスト Matty