お父さんが僕に宛てた字を、しのぶさんに見てもらった。


「筆跡マジックセラピー」
というセラピーを僕たちは扱っています。

これは、

◇フランスでは国家資格である筆跡心理学
◇人の心を導くマジックトーク
◇セラピスト本人の経験と感性

3つそれぞれを掛け合わせて織りなす
セラピーです。


ただし、

人と対面せずに文字だけを見て行う場合、
対話がないので、
マジックトークは使わないことになります。


今回、
私生活で僕が、
お父さんと郵便物のやりとりがあって、

お父さんが僕に宛てた
「僕の名前(本名)の字」を、
ハーティストしのぶさんに分析してもらいました。

最近お会いした方のためにお伝えしておくと、
ハーティストしのぶさんは、
僕から筆跡マジックセラピーを習って、
僕と一緒にそれを創り上げてきた生徒さんです。


しのぶさんの分析内容を、
ほぼそのまま以下にご紹介しますが、

僕の本名はあまりブログで晒したくないので、
一部字を隠していることをお許しください。

※姓や名、漢字の偏(へん)と旁(つくり)
  を見てもらっています。


 * * * * *


大切な方の文字を見させていただき、
どうもありがとうございます。

味のある文字だと言うのが第一印象です。

雄々しい「●」だけれど
控えめな部分もあり、「●」は力強い。

謙虚なでありがらも
精一杯闘ってこられたのですね。

いろんなことともご自分とも。

ご自分も「何者かになりたい」と
思ったこともあるのかもしれない。

だけどご家族のために
懸命に戦ってこられたのですね。

少しゆっくりしていただきたいと思います。
「●」の字がなんだか目にとまりました。

人に対する優しい気持ちはもちろんですが、
なんかのめりこんじゃうような
熱い部分もあるんじゃないかと思えました。

ご自分の好きなことも
楽しんでいただきたい。

“とめ”“はね”が全体的に強いので
根性入ってるし情深いと思いました。

『●●』という文字には
特別強い気持ちを感じられました。

下から上にのびる線が
長く力強くしなってる部分が、
強い父性を思わせます。

なにがあっても大切なものを守りたい!
そんな気持ちが見え隠れ。

見れば見るほど
気持ちが溢れるように感じられて・・・

(分析ここまで)

 * * * * *


しのぶさん、
ありがとうございました!


筆跡マジックセラピー(筆跡心理学)の
活用の仕方として、
こういうこともできますということです。

僕たちが最も知りたい存在は、
自分の次に(あるいは自分よりも)、
両親のことじゃないでしょうか。

筆跡マジックセラピーは、
自分の周りの大切な人のことを、
よく知ることができます。

(大切な人が自分をどう思っているのか分かる)


あなたはお気づきかもしれませんが、
郵便物や手紙の字を利用して分析しますので、

相手がもう生きていなくても、
これを行うことができます。

(僕のお父さんは元気です)


「筆跡マジックセラピー」を扱えるのは、
僕としのぶさんしかこの世にいませんが、

筆跡心理学を扱える方(筆跡診断士)は
日本にたくさんいらっしゃいます。


ご興味のある方は、
(こういうのは信頼できない人に見てもらっちゃ意味がないので)
あなたの身近な信頼できる
筆跡マジックセラピストや、
筆跡診断士に尋ねてみてください!


筆跡マジックセラピーについての記事は、

筆跡マジックセラピーに関する
YouTube動画プレイリストこちらから。


マジックアーティスト Matty