いろんな「自分」を統合していく

「統合していく」

ということがここ最近のテーマ、

だと感じてました。


例えば、

サラリーマンの友達が、


「職場の人と飲みとか行きたくない」

とある時言っていました。


その気持ちは分かります。


でも僕はこれからは、

飲みに行きたい人と仕事したい!

って考えてます。


だから、


◆仕事 = 嫌な人とでもするもの


という自分の中で繋がってないものを

無理矢理結ぶのではなくて、


◆仕事 = ご飯を一緒に食べたい人


というように、

本来の自分の中で完結させていく。



◆お金 = 不快な労働


も同様に、


◆お金 = 楽しくてありがたくておもしろいこと


としたい。


自分という存在の外側に何かつくると、

それは苦しいものになる。


例えば


◆恋愛 = 今の自分ではダメだから飾らないといけない


となれば自然な自分で異性と関われなくなる。


◆恋愛 = ありのままの自分


としたい。



ウキウキしてるかい?


先日銀行で、

新しい口座を開設してきました。


これまで使っていた口座のままでも

仕事に大きな支障があったわけではないのですが、

気持ちを切り替える意味でも新しく。



何が変わったかというと、

これまで口座名義が本名だけの

(いわゆる普通の)口座を使っていました。


今回、

屋号であり芸名である「Matty」を追加した、

(個人事業主用の)口座を作りました。


(ここでは僕が鈴木一郎という名前だとしましょう。笑)


すると口座名は、

「Matty 鈴木 一郎」となります。


ミドルネームか!って感じですね。

「鈴木 一郎 メンバー」みたいな。(時事ネタ)笑



僕の中でなんとなくですけど、

「Mattyさん!」と呼ばれるシチュエーション

(つまりお仕事的な場)では、


「鈴木さん」と本名で呼ばれるのって、

なんか恥ずかしいというか、

異なる自我なんですよね。


それはもしかすると、

「鈴木!」と呼ばれていた女の子が結婚して名字が変わって、

新しい名字で呼ばれることに慣れないような、

そんな感じでしょうか?


でも、

今回「Matty 鈴木 一郎」となることによって、


バラバラだった自分がひとつに、

強制的に(口座を作るルールで)並べられてしまいました。



ここ最近お仕事やお金を頂くこと、マジックについて、

統合していく

— 本来の自分で、つくり過ぎず、等身大でやる —

ことがテーマだったので、


「あぁ、これからはMattyであり、

  且つ鈴木一郎としての生き方をやってくんだなぁ」


ということを、

その字面を見て感じていました。改めて。



「鈴木一郎」は生まれてからずっと、

28年間やってきましたが、


「Matty」に関しては、

18、9歳からの約10年間。


これからはそのどちらも生きていく。


つくったMattyだけでなく、

本来の鈴木一郎も。


逆に、

このおよそ10年で、

Mattyという新しい自分を探求・開拓して、


それで今回

(なんとなく口座名義を変えたくなって)、

口座名義という目に見える形で、

統合されたのを教えてくれたのかな、

なんて感じてました。



ふと金融機関から届いた通知を見ていると、

僕の今住んでいるところは 105 号室。


10 5


トー ゴー だ!


と思いました。笑


あ、やっぱり今の自分には

「統合」がテーマなんだ!

と改めて思ったのでした。笑




バラバラの自分を無理矢理くっつけて生きている時って苦しいものです。


無理な人間関係、無理なコミュニケーションになるから。


本来のあなたに還っていく、

本来のあなたを思い出す。


つくり上げたあなたを一度解体して本来のあなたと統合していく、

僕のマジックがそんなきっかけになればと思います。


マジックとは人の心に介入して、

意識を変容させるものだから。



オンラインマジックサロンをスタートします。

メンバーさん募集中です。


詳しくはこちらから。



Matty




0コメント

  • 1000 / 1000