独創性は空白に降りてくる インスピレーション力を高める「情報断捨離」

いいアイディア・ひらめきとは、
心(脳)のスペースにやってくる。

スマホの容量がいっぱいだと、

新しいアプリをインストールできなかったり、
目の前に素敵な光景があっても、
それを動画に撮れなかったりする。

だからスペースを先に作っておくこと。

まだ分からないけど、
これからやってくるであろう大きなもののために。


最近無駄なSNS(情報と人間関係)をリセットしてる。

なんとなくしたくなった。
きっと人生のそういうタイミングなのだと思う。

情報は心と頭とエネルギーを食う。

いろんな情報に感情的に振り回されたり、
思考を費やしたりしていたら、
やっぱり本来創造的に活用すべきことに活用できない。


それから意外と、学ぶことも。

知識は多い方がいい、
その分野の情報は多い方がいいと思っていたけど違うようだ。

インスピレーションって、
情報量や知識に比例しない。

子どもの発想がいい例。

子どもより大人の方が情報への
アクセスのし方を知っているし、
知識も多いはず。

でも斬新なこと想いつくのは子どもだったりする。

インスピレーションは知識量に比例しない。

だから学ぼうとしなくていい。
答えを探さなくていい。

インスピレーションとアイディアを待てばいい、
感じればいい、降ろせばいい。

学ぼうとする意識そのものが、
インスピレーションから遠くにある。

「自分にはいいひらめきがやってこないから、
  何かを真似るしかない」と。

違う。

「自分はわざわざ探さなくていい、
  自分こそがオリジナルを生み出す創造主なんだから」
って。


インスピレーションは空白のところにやってくる。

スマートフォンも余計なアプリが
常に動いていると電池が食う。

要らないアプリはタスクからなくして、
削除する。

浮いた電池を有効に使える。


あなたの心と身体、時間もそう。

最近SNSから遠ざかって、
とても感じてる。


Matty



Enya - Only Time (Official Music Video)

0コメント

  • 1000 / 1000