気持ちよくお金を受け取る『アートの価格設定方法』

自分のサービスに自分で値段をつける。

ということが
アーティストや起業家には必要です。


でも、
僕自身オリジナルのサービス(アート)を
提供し出した頃、

価格設定が苦手、
というかよく分からないものでした。


これは、
普段普通に生きていると、
価格(お金)に対する主導権を
持たないからだと思います。
当然の感覚です。

(学校でもお金のことって教わらないもんね、
  経済学とか金融とかはあってもさ)


ですので、
ご自身のアートに好ましい
(嬉しい、心地いい、たっぷりな)
価格を設定するための、

3つのポイントをご紹介します。


①日常的に使うお金について、
  妥当な価格か感じてみる。

②実際にご自身のアートに価格を設定して提供してみる。

③人間関係を変える。




①日常的に使うお金について、

  妥当な価格か感じてみる。


ここのパスタ全然美味しくない!
ここのサラダ鮮度が低い!
この服買ってよかった!
iPad超便利!!

日常的にお金を使う時、
その価格が“あなたにとって”適切かどうか、
感じてみてください。

そして
「これなら●円くらいでいい」と、
あなたなりに価格を想像してみます。


あるいは、
スタバの(ペットボトルの)水、
コンビニ、またはスーパーで買える水。

水のクオリティーはほとんど同じで、
味も(たぶん)ほとんど同じです。

でもそれぞれの価格が設定されています。
僕たちは何に対してお金を払っているのでしょうか?

というように、
日常的なお金、金額、
そして価値(お金で何を、どんな気持ちを得ているのか)
を感じてみます。

すると、
あなた自身も同様に、
適切な価格を設定できるようになります。



②実際にご自身のアートに価格を設定して提供してみる。


次に、
あなたのアート・サービスに実際に価格を設定して、
売ってみましょう。

あるいは、
相手から提示された価格での仕事を
実際にしてみましょう。

そうすると、

「この価格じゃ大変」
「これはちょっともらいすぎたかも」

という振り返りができるはずです。

それを踏まえて、
次回よりいい価格設定を行います。

大切なのは、
あなたのfeel(フィール)です。




③人間関係を変える。


あなたが何かのチームでリーダーになった時、
人間関係(コミュニケーション、関わり方)、
そしてあなたの内面に変化があったはずです。

あなたが価格の主導権を握るということは、
それと同じように関わり方が変わっていくということ。

あなたが価格の主導権を握った時
(あなたらしい働き方を実現していく時)、

エネルギー的に合わなくなる人
— ビジネスパートナーやお客さん —
との関係性は、
手放すことになるかもしれません。

人間関係の変化を恐れないで!!



というわけで、
価格設定の主導権を取り戻す = アートの価格設定方法
3つのポイントでしたが、

これに加えて、
まだいくつかのポイントがあることに、
書きながら気付きました(^^;;

それについては、
またの機会に!


こちらの記事も併せてどうぞ。

『あなたの物語がサービスとお金を生み出す。』


アーティストのための
オンラインビジネス講座を現在企画中です!

興味のある方は、
無料のLINE@にご登録を!



Matty





0コメント

  • 1000 / 1000